ルプルプ 口コミ

ルプルプ(LPLP)の説明&構成要素

現在、カラーリングでの白髪ケアは美容室でも王道です。
カラーリングでの染髪は期間が長く持ちますし、色もよく入ります。

 

 

しかし脱色と色入れを同じタイミングで行うため、髪自体や地肌へのダメージが大きいのです。
このダメージの原因は、脱色と色入れに使用するアルカリ剤。

 

さて、ここでご紹介したいのは、ヘアマニュキア&トリートメント剤のLpLpです。

 

ルプルプ(LPLP)はヘアケア成分配合…つまり白髪をカラーリングしつつ、トリートメントでヘアケアもできるのです。

 

ルプルプは日常的な利用が可能。とってもセーフティです!

 

ルプルプ(LPLP)体験談!

 

今回はルプルプについてお伝えします。

 

まずはケースが白色で美しい…好感度アップです。

 

染髪の手順などもきちんと説明されているので、使用方法も分かりやすい。シャワーキャップやクシも一緒に送られてきました。

 

アロマ好きな自分としては、いい匂いであることがかなりGood!製造はJコンテンツ…平成26年に立ち上がったばかりとは…信頼できるのか?…というのは杞憂でした。ちゃんと調べたら(株)アイムが大元です。信頼できるお化粧道具とか出してますしね。

 

さてと、では真っ先に成分を確認しなければなりますまい?

 

カラーリングについては…HC染料に塩基性染料。添加物なしのパラベンに、匂いは精油からくる天然もの。おお!けっこうなナチュラル具合です。

 

染髪はかなり濃く、きっちりできますね。

 

ただ質感はやや硬質な感じなので、チューブから出すのに若干りきむ必要があるかと。くしで伸ばすのがお勧めですね。手だとほとんど伸ばせません。

 

ちょっぴり残念な点は、初回の染髪では、放っておかなければいけない時間が20分から30分あること。2回目からは10分くらいでOKらしいですが、ちょっと長いですよね。シャワーキャップがくっついてきたのはこの所為か…

 

お値段もやや張ります。Tax in 3,280円。1点の購入なら+送料です。数回使って髪に色が馴染んでくると週1くらいの使用で十分になりますし、髪が短ければ1月では1本分なくならないと思います。お得なのは定期購入なのですが、2本セットを3か月に1回程度注文しないとそれほど割安感はないですね。

 

最終的に。ルプルプ(LPLP)の評判ってどんなものなのかしら?

 

それでは、最終的なまとめを行いたいと思います。

 

さてお伝えしてきましたルプルプ…10段階評価で9を付けちゃいます。超高得点!

 

とりあえずマイナスになったのは、カラーリング剤が手につくと取れないところ。ですけど同類の商品の中では洗浄しやすいほうだと判断しました。でもやっぱりきれいに取るのは大変ですけど。

 

これと併せてゴムがセットじゃなかったのは痛かったです。セットだったのはシャンプーハットですが、シャンプーハットよりは、やはりゴムを入れて欲しかった。シャンプーハットは滑り落ちてくるので使い勝手悪し、です。

 

しかしカラーリング効果には文句なしです。きれいに染まりますし、ちゃんと馴染んで色落ちもなしです。特に悪い点もございません!

 

 

白髪染めのトリートメントと言うと、10年くらい前なら、頭皮に優しいのが何より一番大切なことで、染まりは二の次、っていう感じの製品が多かったと思います。

 

その「染まらない」ところが改善されて、ちゃんと色が入る製品が増えだしたのは、ルプルプからなんですよね。

 

出典:ルプルプ 楽天

 

 

トリートメントに関しては、悪くはないのですがそこそこといったところなので、別でヘアケアしたほうがいいですかね。ただ容れ物は細かく気が使ってあり、購入者の満足度を高めようとしているように思えて好感が持てます。嫌な臭いもなくGoodです。

 

使用方法としてはバスルームが基本のようですが、無理にそうしなくてもいいと思います。カラーリング剤の塗布だけ水回りで済ませたら、入浴しても、別の場所でくつろいでいても変わらないですよ。

 

カラーリング中だから…と動きを制約されないのはルプルプ(LPLP)のいいところですね。

 

ルプルプなら使う人によって違いが出ることもなく、恩恵を受けられると思います。ちょっと頑張ってダメなポイントを捜索しましたが無駄だったようです。真面目に使い勝手がよくいい商品だと言えますね。

 

個人で白髪のケアをしたいのなら、LpLpを使って損をすることはないはずです!!